各種証明

 日本大使館では、在留邦人の皆様の便宜のため、一定の分野で様々な証明書を発行しています。ここにご案内する証明以外の証明を希望される方は、領事部までご相談ください。
 

 

1.在留証明  2.署名(及び拇印)証明  3.身分上の事項に関する証明  4.翻訳証明  5.自動車運転免許証抜粋証明  6.警察証明(犯罪経歴証明)  7.ジャパン・レール・パス購入のための「在留届の写し」



 

1.在留証明

(1)証明の内容

 ハンガリー国内に居住していることを証明するものです。証明書の形式には、現住所のみを証明する形式(形式1)、現住所と同居家族を証明する形式(形式2)、あるいは現住所とハンガリー国内での過去の住所を証明する形式(形式2)があります。日本における不動産登記、年金・恩給受給、遺産相続、受験等の手続きに必要とされます。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     在留証明申請書(エクセル)、記載見本(PDF
  • 旅券
  • 現住所及び居住期間を確認できる書類(住所登録カード、住所登録証明書、公共料金の請求書等)
        
    <以下は必要に応じ>
  • 証明書の本籍地欄に都道府県名のみではなく、番地までの記載を希望される場合は、戸籍謄(抄)本
  • ハンガリー国内で転居し、過去の住所も証明する必要がある場合(形式2)は、過去の住所及び居住期間を確認できる書類
  • 現住所と同居家族を証明する必要がある場合(形式2)は、対象となる家族(日本国籍を有している方に限られます)の旅券及び同居していることがわかる書類
  • 公的年金(国民年金、厚生年金等)や恩給の受給手続きのために必要な場合は、日本年金機構、総務省人事・恩給局、または各共済組合(連合会)などからの通知

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  • 日本国籍を有する方のみ申請することができます。外国籍の方(日本国籍を離脱・喪失された方を含む)は申請することができません。
  • 申請には、ハンガリー国内に既に3ヶ月以上滞在していること、または3ヶ月以上の滞在が見込まれていること、かつ、原則として日本国内に住民登録がないことが条件になります。
     ※日本国内に住民登録を残されている方につきましては、提出先機関より住民票ではなく大使館の発行する在留証明の提出を求められている場合は、申請を行うことができます
  • 申請者本人が直接来館して申請してください。やむを得ない事情がある場合には、委任状をもって代理申請・受領を行うことができます(申請書は申請者本人が記入してください。また、申請者本人の旅券の写し、代理人の身分証明書を併せてお持ちください)。
  • 申請者が未成年で、使用目的が本人の利益のためであると認められる場合には、法定代理人である親権者による代理申請・受領が可能です(委任状は不要です)。
  • 公的年金(国民年金、厚生年金等)や恩給の受給手続きに使用する場合、過去に同目的で証明書の発給を受けている方につきましては、郵便での申請及び受領を行うことができます。詳しくは領事部までご相談ください。
  • ジャパン・レール・パス購入を目的として在留証明を申請する場合、ジャパン・レール・パス購入者1人につき在留証明書1通が必要となっています。詳しくはジャパン・レール・パスのホームページをご覧ください。
  • ジャパン・レール・パス購入のための「在留届の写し」の交付申請については、以下7.をご覧ください。

 

※手数料については、こちらをご覧ください。なお、公的年金(国民年金、厚生年金等)や恩給の受給手続きに使用する場合には、手数料はかかりません。

このページのトップへ戻る
 

2.署名(及び拇印)証明

(1)証明の内容

 私文書上の署名(及び拇印)が申請者のものに相違ないことを証明するものです。日本の市区町村役場発行の印鑑証明に代わるものとして、日本における不動産登記、遺産相続、自動車の名義変更等の手続きに使用されます。証明書の形式には、署名すべき書類(遺産分割協議書、委任状等)があり、同書類に申請者が領事の面前で署名(及び拇印)したことを証明する形式(貼付型(形式1))と、申請者の署名を単独で証明する形式(単独型(形式2))があります。どちらの証明方法にするかは提出先機関の意向によりますので、あらかじめ提出先機関にご確認ください。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     署名(及び拇印)証明申請書(PDF)、記載見本(PDF
  • 旅券
  • 署名(及び拇印)すべき書類がある場合(形式1)はその書類

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  • 日本国籍を有する方のみ申請することができます。外国籍の方(日本国籍を離脱・喪失された方を含む)は申請することができません。
     ※元日本人の方につきましては、遺産相続や所有財産整理の手続きのために署名証明を必要とする場合は、申請を行うことができます。
  • 署名(及び拇印)は、申請者本人が大使館(領事の面前)にて行っていただく必要がありますので、申請者本人が直接来館して申請してください。
  • 署名(及び拇印)すべき書類がある場合(形式1)には、事前に署名(及び拇印)したものは証明することができませんので、書類は未記入のままお持ちください。
  • 日本国内の不動産登記手続において、外国に居住しているために印鑑証明書を提出することができない方については、日本大使館/総領事館が発行する「署名証明」の他、当該外国の公証人が作成した署名証明でもよいこととされています。詳細につきましては、こちら及び法務省ホームページ(「外国に居住しているため印鑑証明書を取得することができない場合の取扱いについて」)をご覧いただくか、当該不動産の所在地を管轄する登記所(法務局・地方法務局、またはそれらの支局・出張所)に直接ご照会ください。
  • 本人の署名を証明するのは、基本的には当地の公証人です。大使館では、公証人のようにあらゆる私文書について申請者の署名を証明することができるわけではありません。署名証明は、あくまで海外にお住まいの日本人の皆様が印鑑証明を必要とする場合に、同証明の代わりに発給されるものです。

 

※手数料については、こちらをご参照ください。

このページのトップへ戻る
 

3.身分上の事項に関する証明

出生証明

(1)証明の内容

  いつ、どこで出生したかを証明するものです。ハンガリー語で発給します。

 

(2)必要書類(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  • 申請者本人が直接来館して申請してください。やむを得ない事情がある場合には、委任状をもって代理申請・受領を行うことができます(申請書は申請者本人が記入してください。また、申請者本人の旅券の写し、代理人の身分証明書を併せてお持ちください)。
  • 申請者が未成年の場合は、法定代理人である親権者による代理申請・受領を行うことが可能です(委任状は不要です)。

 

婚姻要件具備証明

(1)証明の内容

 独身であり、かつ日本の法令上婚姻の要件を満たしていること(婚姻可能な年齢であること、再婚禁止期間を経過していること)を証明するものです。ハンガリー語で発給します。証明書の形式には、申請者本人が日本の法令上婚姻の要件を満たしていることを証明する形式(形式1)と、婚姻相手の氏名を記載して日本の法令上その相手と婚姻することに支障がないことを証明する形式(形式2)があります。ハンガリー国内での手続き上、通常は形式2による証明書の提出を求められます。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     婚姻要件具備証明申請書(エクセル)、記載見本(エクセル
  • 旅券
  • 戸籍謄本(発行日から3ヶ月以内のできる限り新しいもの)
      ※転籍や改製等により、提出された戸籍謄本では再婚禁止期間の経過や婚姻歴が確認できない場合は、それ以前の戸籍謄本も必要になります
  • 形式2の場合には、婚姻相手の身分証明書、または旅券及び出生証明書

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  申請者本人が直接来館して申請してください。

 

婚姻証明

(1)証明の内容

  誰といつから正式に婚姻関係にあるかを証明するものです。ハンガリー語で発給します。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     婚姻証明申請書(エクセル)、記載見本(エクセル
  • 旅券(申請者及び配偶者双方)
  • 戸籍謄本(発行日から3ヶ月以内のできる限り新しいもの)

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  • 申請者本人が直接来館して申請してください。やむを得ない事情がある場合には、委任状をもって代理申請・受領を行うことができます(申請書は申請者本人が記入してください。また、申請者本人の旅券の写し、代理人の身分証明書を併せてお持ちください)。
  • 日本国籍を有する方のみ申請することができます。

 

※手数料については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ戻る
 

4.翻訳証明

(1)証明の内容
  申請者が作成した翻訳文が原文書(日本の公文書)の忠実な翻訳であることを証明するものです。ハンガリー語で発給します。
 
  (注)この証明は、原文書の内容の真実性までを証明するものではありません。
 
(2)必要書類
  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     翻訳証明申請書(エクセル)、記載見本(エクセル)
  • 原文書及びその翻訳文
  • 旅券

 
(3)申請から発給までの所要日数
  原則として申請日の翌々日の午後以降(ただし、原文が長文であったり、専門用語を使用したものである場合には、もう少し日数を要することがあります)
 
(4)その他

  • 申請者本人が直接来館して申請してください。
  • 翻訳文は、原文書の逐語訳を申請者にご用意していただきます
  • 対象となる原文書は、原則として日本の官公署が発行した公文書に限られます(私文書は対象となりません)
  • 私文書の場合、日本の公証人が作成した公正証書に法務局長が認証した文書、及び学校教育法第1条に規定された学校が発行した卒業・在学・成績証明書などは対象となります。
  • 日本の法令規則及び訴訟に関する裁判所の文書は取り扱うことができません。
  • 華道・茶道・書道等の免許状は私文書ですので、証明の対象外です。
  • 有効期間のある公文書は有効期間内のものに限ります。有効期間がないものについては、原則として、発行後6ヶ月以内のものに限ります(ただし、学位記等、一度しか発行されないものは除きます)。
  • 外国文から日本文への翻訳は対象となりません。

 

※手数料については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ戻る

 

5.自動車運転免許証抜粋証明

(1)証明の内容

  日本の運転免許証を有していることを証明するものです。日本の運転免許証からハンガリーの運転免許証に切り替える際に必要になります。ハンガリー語で発給します。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     自動車運転免許証抜粋証明申請書(エクセル)、記載見本(エクセル
  • 旅券
  • ハンガリー滞在許可証
  • 有効な日本の運転免許証
     (注)有効期限切れのものは証明することができません。

 

(3)申請から発給までの所要日数

  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)

 

(4)その他

  申請者本人が直接来館して申請してください。やむを得ない事情がある場合には、委任状をもって代理申請・受領を行うことができます(申請書は申請者本人が記入してください。また、申請者本人の旅券の写し、代理人の身分証明書を併せてお持ちください)。

 

 ※日本の運転免許証からハンガリーの運転免許証への切り替え手続きについては、こちらをご参照ください。

 ※手数料については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ戻る
 

6.警察証明(犯罪経歴証明)

(1)証明の内容

  日本における犯罪歴の有無を証明するものです。ハンガリーにおいては、移住、観光ガイド資格、証券会社の役員、現地法人の監査役員の登録、事業活動における免税措置の許可(割り当てライセンスの取得)、不動産取得手続きに必要になります。

 

(2)必要書類

  • 申請書(当館備え付け)
  • 指紋原紙(当館備え付け)
  • 旅券

 

(3)申請から発給までの所要日数

  日本の外務省経由で警察庁に申請書が送付され、警察庁において証明書が作成されるため、申請から証明書取得までには約2~3ヶ月を要します

 

(4)その他

  • 申請者本人が直接来館して申請してください(当館で指紋を採取します)。
  • 提出先によっては、「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」により、アポスティーユ(APOSTILLE)を要求される場合がありますので、事前に提出先機関にご確認ください。アポスティーユが必要な方は、申請時に窓口にお申し出ください。
  • 手数料は無料です。
  • 日本に一時帰国中に日本国内で申請することを希望される場合には、本邦における最終住民所地(日本出国前に住民登録を行った地)を管轄する地方警察本部において申請することができます。詳しくは各地方警察本部にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る
 

7.ジャパン・レール・パス購入のための「在留届の写し」

(1)内容
  ジャパン・レール・パス引換証ご購入の「10年以上前の同じ月」より前に、当館に在留届を提出されている方で、継続してハンガリーにお住まいの方は、「在留届の写し」を申請・取得することができます。在留届の提出日がお分かりにならない場合には、事前に領事部までご照会ください。
 
【ご参考】
  JRグループが販売しているジャパン・レール・パスは、平成29年(2017年)6月1日より、「日本国籍を有して日本国外に居住している方」で「日本の旅券及び『在留期間が連続して10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等』を有する方」の利用が可能になりました。詳細についてはジャパン・レール・パスのホームページをご覧ください。
 
(2)申請方法及び必要書類
  原則として、申請者本人が直接来館して申請してください。
 
(イ)申請者の「在留届の写し」が必要な場合
 申請者本人が直接来館して申請してください。代理申請を行うことはできません。

   【必要書類】
  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     在留届の写し交付申請書(ワード)
  • 旅券
  • ハンガリー滞在許可証
 
(ロ)同居家族の方の情報も記載された「在留届の写し」が必要な場合
  ジャパン・レール・パスを購入される方全員が来館して申請してください。ご家族全員が来館されない場合には、来館されないご家族が記入・署名した「個人情報提供に関する同意書」が必要です。なお、未成年のお子さんなど、旅券に記載されている署名が親権者等の代筆である場合には、ご本人の来館が必要です。
 
  【必要書類】
  • 申請書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)
     在留届の写し交付申請書(ワード)
  • 同意書(当館備え付け。以下からダウンロードも可能です)(ご家族全員が来館されない場合に必要になります
     同居家族の方の「個人情報提供に関する同意書」(ワード) 
  • ご家族全員分の旅券(原本)
  • ご家族全員のハンガリー滞在許可証(原本)
 
(3)申請から発給までの所領日数
  即日(発行までに30分程度を要しますので、お時間に余裕をもってご来館ください)
 
(4)その他
  • 手数料は無料です。
  • 在留届を提出してから10年以上経過していない場合には、10年以上ハンガリーにお住まいであることが確認できる書類を提出することにより、「在留証明」を申請・取得することが可能です。